2017年 第1回 県本部月例審査結果

審査&選評 香川県本部委員 松本 ひさし

1席     『コーヒーブレーク』     田村 直人    〔高松市〕

 

定年まで無事に勤め上げ子育ても済、これから夫婦仲良く旅行でもしましょうね、そんな会話が聞こえてきそうな大変幸せそうなご夫婦、あやかりたいものです。内容の素晴らしい作品です。

2

『電車通り』

山地 正輝

〔丸亀市〕

3

『狙 う』

杉本 順一

〔東かがわ市〕

4

『サンセット』

中澤 福美

〔小豆島町〕

5

『柿の里』

三ッ石 不二夫

〔丸亀市〕

6

『教えてじいちゃん』

岡田 伸枝

〔高松市〕

7

『カップル』

川野 卓二

〔小豆島町〕

8

『静 寂』

三木 登志也

〔東かがわ市〕

9

『松 明』

岡本 直樹

〔丸亀市〕

10

『興味津々』

原田 美智子

〔丸亀市〕

11

『道の途中』

藤本 歩

〔高松市〕

12

『陽ざしを浴びて』

城上 智子

〔小豆島町〕

13

『お久しぶり』

田中 淳

〔まんのう町〕

14

『意気投合』

佐藤 道子

〔三豊市〕

15

『瀬戸内の夕日』

西村 光洋

〔高松市〕

 

総 評 香川県本部委員 松本 ひさし

 

今回 55名から455点の作品が応募されました。

今回は、スナップ写真が多く、内容のある素晴らしい作品が、数多く見る事が出来ました。仕上げも素晴らしい作品が多く、やはり入賞作品には、見るものが有りました。

撮影する時は、何かを感じシャッターを押します。作品の中では、タイトルは、最後の作品仕上げです。作者の想いをタイトルによって、表現すことで大きな作品に繋がります。状況説明だけではなく、誰がみても伝わる様なタイトルをお願いします。個人差がまだまだ有り、指導者の奮起を促したいです。

選考基準にあたっては、作品内容の明確化、見る側に伝わる感動の大きさなど重視いたしました。

今回の入賞作品には、作者の意図がはっきりしていて、良い作品が多く見る事が出来、作品創りに努力されている跡が伺え好感が持てました。

戻 る13getureiindex.htm

2016年の入賞作品はこちらをクリック ⇒【2016入賞作品】

2015年の入賞作品はこちらをクリック ⇒【2015入賞作品】

2014年の入賞作品はこちらをクリック ⇒【2014入賞作品】

2013年の入賞作品はこちらをクリック ⇒【2013入賞作品】

 

inserted by FC2 system